子どもがインターネットを使用する時のセキュリティ対策は

子どもがインターネットを使用する時のセキュリティ対策は

最近では、小学生などでもインターネットを利用するケースが多くなっています。欲しい情報がすぐに手に入るインターネットは便利なアイテムですが、子どもが利用する際にはいくつかの点に注意する必要があります。大人が通常使用するインターネットを利用すると、アダルトサイトなどの子どもにとって好ましくないサイトも見ることができてしまいます。子どもを有害サイトから守るためには、パソコンのセキュリティ対策が必要です。セキュリティ対策では、セキュリティソフトのインストールが基本です。さらにフィルタリングを利用することで、子どもを有害サイトから守ることが可能です。

フィルタリングとは、暴力や性的描写が激しいものなど、好ましくないサイトを閲覧できないようにするものです。ホワイトリスト方式とブラックリスト方式の二種類があります。ホワイトリスト方式では、安全が確認されているサイトのみを表示します。ブラックリスト方式では、有害とされるサイトを表示しないようにします。子どもが小さい場合には、よりセキュリティが厳しいホワイトリスト方式が推奨されています。ただし、ホワイトリスト方式では、必要なサイトも閲覧できないことなどもあります。最近では、セキュリティの厳しさを何段階かにしているフィルタリングも多いので、必要に応じて用いるとよいでしょう。